タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

出産笑い話

2006.09.04(11:45)

 8/31 娘の17歳の誕生日だった。
月日の経つのは早いものである。わたしも気だけは若いのだが、か・体が・
・・・???。
 出産は人それぞれのドラマがある。感動・笑い話等など・・
私の場合も忘れることの出来ない話になった。
 
 平成元年8月31日、予定日を1週間過ぎていた。前置胎盤のため帝王切開が決まってはいたが、診察に行くと、「今日、ちょうど手術の日だから(個人病院のため、よそから先生を招いての手術をする曜日らしい)、今日生んじゃおうっか。」ということで、その日の一番最後のオペが決まった。
 夜9時、麻酔をかけられ手術室へ・・。
手術も麻酔もはじめてだったわたしは、天井が上から下へダーッと流れて見えるのがおもしろく、先生に目を閉じるよう言われても、ずーっと見ていた
ずーっと、ずーっと・・・

 しばらくすると、名前を呼ばれた「あっ、もう終わったんだ、楽勝・楽勝。」 と思っていると、「○○さん、今から切りますからねー。」と・・・。
今から・・???今から・・・???。スッと、天井が流れを止め、ライトに焦点が合った。「今までの時間はなに・・?」と言うすべもなく、太ももにアルコールを擦られ「これ、わかりますかー」と聞く。「うん」とうなづくと・・「そんなはずないですよー。切りますからねー。」

「そっ・そんなはずないって・・わかるって言ってるだろー」と、わたしの心は恐怖でいっぱいになった。
 おなかに、メスの動きを感じながら・・意識は恐怖という奈落のそこに落ちていった。

 ザク・ザク「あれー、赤ちゃんいないなあー」・・ザクザク「あれ、いない」  なんども繰り返し切っては探り、切っては探る・・「ああ、ここに居た、やっと見つけたぞ。」と、こゆびほどの赤ちゃんをえぐりだされた。
・・・・・そんな、夢を見ていた。・・・・・・

 数日後、痛みも治まりつつあった・・・。
面会にきた夫が言った。オペ後「女の子ですよー。」と顔を見た後に・・
「死ぬ―・痛~い。痛ーい・死ぬ~」と私の叫び声がしていたと・・・。
 ・・・フラッシュバック・・・あの時の夢が・・
 
 実際、娘の出産時刻は日付の変わる15分前・・・。
わたしが手術室に入ったあと急患が来て、医者は皆そちらへ行ったらしく、
わたしは、2時間くらい放っておかれたらしいのである。


なにはともあれ、少々身長は伸び損なったが、大した病気もせず、とてもかわいい少女に育ってくれた。17歳・・青春真っ只中・・がんばれ・・


コメント
どっかで見た猫さんだと思ったら・・・
最近 メールもコメントもないと思ったら~。
親族ブログに登録O・Kよね!!
では また (^^)/~~~
【2006/09/05 10:49】 | ヴェルママ #aFvG0YOI | [edit]
あ-見つかっちゃった?
もう少し、経ってから報告しようと思っていたのに・・・
夏バテ、すっかり回復したみたいだね!よかった・よかった。
【2006/09/06 07:25】 | ヴァンくんち #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://26339.blog51.fc2.com/tb.php/6-23dc5a3b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。